So-net無料ブログ作成
検索選択

実は首都はアンカラ [トルコ]

トルコの首都と言えばイスタンブールだと思ってました。
大学の受験科目に地理を選択するまでは。

アンカラという街に行っても何もないと思ってました。
イスタンブールで大佐に会うまでは。

ほんとに特に何も無いです。
首都のくせに英語しゃべれる人少なすぎます。

イスタンブールほどの喧騒も無く、
人々は垢抜けてなくて屈託がない、
首都なのにまるで田舎に来たかのような感覚に陥ります。

ただ街はデカイ。
首都ですから。


続きを読む


Ads By Google

カッパドキア [トルコ]

トルコと言えばカッパドキア。
カッパドキアと言えばトルコ。

テレビで奇形の岩が並んでるのを見て思ったものです。
「なんじゃありゃ」
と。
「自然の脅威だな」
と。

というわけで、
イスタンブールでの甘美な和食生活から抜け出してやってきましたカッパドキア。

え、つか朝とか寒いんですけど!?
上着必須ですカッパドキア。


続きを読む


トルコメシ! [トルコ]

前回の日記では収まりきらなかったため
第二部は食べ物日記としました。

トルコ料理といえば、
焼いたサバをパンでサンドしたサバサンド
焼いた肉を薄くスライスしたケバブ
などなどあります。

でもここら一帯はみんな似たような料理なので
どこがオリジナルなんでしょ。
ムサカとかも食べたけどアレってギリシャ料理だったような?


続きを読む


アジアとヨーロッパの境目 [トルコ]

ラマダン直撃のドバイから飛んできたのはこれまたイスラムの国トルコ。
世界3大料理とか言われてる国でラマダられるなんて冗談は勘弁して欲しい。

まぁなんにせよ空港内ではラマダンだろうが関係ないのです。
とりあえずメシだメシ(^Д^)

ATMでお金を降ろして、カフェに入ります。
可愛いお姉ちゃんにサンドイッチを頼むと6リラ。ウマウマ。
ところで6リラっておいくらなんでしょと思って調べてみたら衝撃の300円Σ(゚д゚lll)ガーン
インドでの一泊分をペロッと食べちまったよ・・・。

さすがヨーロッパの入り口、物価が跳ね上がりました。
インドが恋しい・・・。


続きを読む


ドバイ [アラブ首長国連邦]

インドのトリヴァンドラムから飛行機でぶっ飛びました。
なんでこんなでかい鉄の塊が空を飛ぶのかまったく理解できません。

空港のイミグレって妙に緊張しますね。
陸路のイミグレってユルイので緊張しないんですが。

係官がジィっとこっちを睨んで

「インドにはどうやって入ったんだ」

「ネパールから陸路で入りました」

「なぜだ」

「理由!?・・・飛行機より安いからです」

「・・・そうか」

なんだったんだ今の問答は・・・


続きを読む


インド最南端カーニャクマリ [インド]

バラナシからスタートしたインドもとうとう最南端までやってきました。
タミル・ナードゥ州カーニャクマリ!
ここはインド洋、アラビア海、ベンガル湾の3つ海が合流する岬でございます。

どうもヨシは端っこフェチらしいです。
端っこテンション上がります。
インド亜大陸の端っこはこれで押さえたわけだ(ΦωΦ)フフフ…
他にはヨーロッパ大陸の端っこロカ岬とか
アフリカ大陸の南端ケープタウンとか
南アメリカ大陸の南端ウシュアイアとか
行ってみたいのでございます。


続きを読む


コーチン [インド]

列車から降りると雨。
目指すフォート・コーチンは本島からJettyという定期船で行く。
1.5ルピーで乗れるらしい。

駅からリキシャに乗ってJetty乗り場まで頼むと

「船はダメだァ。昨日波がひどくて一隻沈んだんだぁ」

と言われる。
仕方が無いのでそのままリキシャで橋を渡って行くことにした。


続きを読む


マンガロール [インド]

雨がひどいのでデカン高原に戻ろう。
あっちなら雨をしのげる。
よし、評判のいいハンピに行こう。
え?バスが雨期で出てない?山を越えられないって?

しょうがないから南に行こう。
お、バンガロールに似てる町がある。
よし、そこに行こう。


続きを読む


ゴア [インド]

ゴアはインドの中でも特殊な州で、
昔はポルトガル領だったらしいです。
イギリス以外にも侵略受けてたんですね。

そんな特殊な事情のおかげなのか、ゴアでは酒が免税されてます!
たまらん。
シーフードとビールとかたまらん。


続きを読む


真夜中の鬼ごっこ [インド]

事件はアウランガバードからゴアへの移動中に起こった。

今回の主役は


Paulo Travelというバス会社のバス。
パウロくん


アウランガバードを夕方4時に出発し、ゴアへ向かう。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。